西日本エリア企業様はこちら
東証一部上場 小林洋行(8742)グループ

SEO対策なら小林洋行コミュニケーションズでGoogleに強い戦略的SEO対策

TOP > 「Prime SEO」の特徴 > Google対策ライティングサービス

Google対策ライティングサービス

Yahoo!JapanのGoogleエンジン採用で、Googleシェアは約90%に

2010年7月ヤフー株式会社は検索エンジンでGoogleを採用することを発表しましたが、従来日本国内での検索エンジンシェアは、Yahoo!Japanで50%、Googleで40%と言われていましたので、今回の提携によって事実上、Googleの検索エンジンシェアは90%近くにのぼることになります。

これにより、検索エンジン経由でのアクセスはGoogleエンジンで上位表示されたごく少数のサイトに集中するようになることは容易に想像できますので、今後一段とGoogleエンジンでの上位表示の重要性は高まり、Googleに強いウェブサイトおよびコンテンツの作成が急務になっていると言っても過言ではありません。

ここでご提案するのは、Google対策の中核となるサイトボリュームの増加、すなわちコンテンツのライティングサービスです。

Google対策は、基本に忠実かつサイトテーマを明確に!

Googleのウェブマスターツール公式ページに表記されているように、Googleエンジンで好評価を得るためにはまず「ユーザーが探している情報を豊富に提供すること」、そして「他のサイトからリンクが貼られるようにすること」というのが大前提にあります。SEO対策上では、張られる被リンクの質やリンク元のページランク等が意識されますが、それ以前にまずは上記項目がサイト上で明確に構築されているかがGoogleエンジンでは重要です。

ただし多くの企業様のウェブサイトでは、実際には上位表示させたいキーワードをサイト内に羅列させたり、コンテンツとして成り立っていない、もしくはビジュアルを重視しすぎて画像ばかりのコンテンツとなってしまっているケースが散見されます。

Googleのクローラは、画像に含まれるテキストを認識しませんので、いかにユーザーが求める情報に富んだサイトを構築するか、そしてそれぞれのページでトピックをわかりやすく正確にテキストで記述するかが、Googleエンジンでの上位表示の鍵とも言えます。

2012年7月18日に行われたパンダアップデートについて

2012年7月18日に、Googleはパンダアップデートと呼ばれるアルゴリズム変更を行い、より一層サイト内部の強化が求められるロジックが採用されております。 Googleは公式ブログにおいて「低品質なウェブサイトの検索順位を下げ、同時に良質なサイトの検索順位をより適切に評価する」とアナウンスしており、今後は外部要因以上に サイト内部の強化、サイト全体の品質向上が上位表示の鍵を握ると言っても過言ではありません。

ここで言う品質というのはサイト内部のコンテンツの質を指しており、コンテンツの質とは他サイトでも同様に掲載しているようなコンテンツばかりではなく、ユーザーにとって有益となりうる 自社オリジナルコンテンツなどがサイト内に多く掲載されているか、という点が評価の対象になると思われ、これまでテキスト情報がある程度乏しくても上位表示できていたサイトの多くが低評価を受け、順位下落に見舞われている状況です。

また、ページ単体の絶対評価ではなくサイト全体の相対評価の傾向が強まっておりますので、対策対象となるページはもちろんのこと、サイト全体にコンテンツページを増やすことが高評価につながり、 結果的に上位表示がされやすくなると思われますので、従来以上に内部要因のウェイトが高まってきている状況です。露出をしたいキーワードは多彩にあるかと思いますが、まずそのキーワードに対応するコンテンツが しっかりと配置されているか、他社と同等のコンテンツ内容で満足していないか、流入ユーザーの滞在時間はある程度確保できているか、などの見直しは必要かと思われます。

企業の制作担当者様に代わってコンテンツライティングを行います。

「Google」対策ライティングサービスとは、Googleでの検索結果が優位に働くテキストボリュームの追加や、コンテンツの適正化などをSEOの観点から構築するサービスとなります。

現状の企業様のウェブサイトや検索結果で上位表示させたいキーワードなどをヒアリングしたうえで、現状のウェブページに対する問題点や不足するコンテンツを弊社観点で記述し、検索ユーザーに対して役立つ情報の充実化を図ります。

制作担当者様の多くは、他の業務と兼任されているケースが多く、自社サイトの細かな部分まで見直しや、またサイトの情報を充実させるための文章等の構築・追記までは、なかなか手が回らないのが実情です。

サイトのアクセスがなかなか確保できないからと言って、すぐにサイトリニューアルを考えるのではなく、サイトの内容を充実させるだけでも、また違ったユーザーのアクセスを確保することが可能となります。

こんなお悩みを抱えるクライアント様にオススメのサービスです。

・SEO対策は実施中だが、思うような効果や上位表示ができていない。
・SEO対策を検討中だが、サイト内部の情報量に乏しくコンテンツ増加がテキストボリュームの増加が急務になっている。
・サイト訪問者の直帰率が高く、またサイト滞在時間も短いため結果的にコンバージョンに繋がっていない。
・サイトのビジュアル性を崩さず、SEOに強いウェブサイトを構築したい。 など

ご提案プランと料金について

ライティングのみ 現在のサイトに最適な訴求点を分析し、400〜800文字程度のテキスト原稿を作成します。
原稿の作成は3ページ相当分から承ります(それ以下は応相談)。
画像等のクリエイティブは含みませんが、ご希望される場合は別途御見積もりとなります。
5万円〜
(3ページ相当分)
ライティング+コンテンツページの追加 複数のキーワードを対策 中、もしくはご希望されるの場合は、上記ライティングサービスに加え、対策キーワードに適したコンテンツページを作成いたします。
目安といたしまして、1ページで対策できるキーワードは2つまでとなります。
10万円〜
(1ページ作成分)
留意事項 ※ライティングサービスは、それのみで検索エンジンでの上位表示を保証するものではありません。

※その他、詳細につきましては下記御見積りフォームもしくは担当営業に直接お尋ね下さい。

無料見積もり

当社サービスは業務提携先に一部業務を委託しています。実績値等のデータは、業務提携先の実績値に基づき算出しています。
株式会社小林洋行コミュニケーションズ 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-15-7 TEL:03-3669-4282