西日本エリア企業様はこちら
東証一部上場 小林洋行(8742)グループ

SEO対策なら小林洋行コミュニケーションズでGoogleに強い戦略的SEO対策

TOP > SEOについて > SEO対策の効果とメリット

SEOについて

SEO対策の効果とメリット

大多数のインターネットユーザーは、検索エンジン経由で目的のウェブサイトを訪れます。その入り口にあたる検索エンジン上で上位表示させることは、当然多数のインターネットユーザーの目に触れることとなりますので、優良な見込み客を御社ホームページへ誘導できる可能性が広がります。反面、いくら見映えの良いウェブサイト構築しても、人の目に触れる可能性が低ければなんら集客効果は発揮しません。 会社規模の大小に拘わらず、売れるサイトや集客に繋がっているサイトはしっかりとユーザーのニーズを捕らえ、そしてしっかりと検索されるであろうキーワードに対して露出をさせており、Web上からの流入を非常に重要視しているのが実情です。

前項でも述べましたように、 インターネットユーザーの80%以上は検索エンジン経由で必要な情報を探しますので、新規の見込み客を捕らえる手段としてこれ以上のツールはありません。検索エンジンでは、インターネットユーザーが能動的にキーワードを入力して、 自身の目的にマッチしたWebサイトを探しているため、成約や購入に繋がる見込み客を集めやすいということが言えます。検索エンジン上で上位表示されている企業は、当然ユーザーの目に触れる機会が増えるため、結果的に最高のブランディング効果が得られ、ユーザーの内部に潜在的に意識を植え込むことができるようになります。

検索エンジンにおけるユーザー導線

ページ構成クリック率

皆様も何気なく活用している検索エンジンですが、実際にところ検索結果の多くを精査しているわけではなく、概ね検索結果1ページ目の上位数社をクリックするのみに留まっている、せいぜい2ページ目までの検索結果を閲覧するのが精一杯というのが現状です。

つまり、どんなに見栄えが良いWebサイトでも検索結果の上位10位以内にサイトを表示できなければ、サイトを作っている意味はほとんどないといっても過言ではなく、逆にある程度クオリティが低いWebサイトでも、上位表示されるサイトであれば十分に集客効果は期待できるのです。

左図は、検索結果画面の一例となりますが、インターネットユーザーのクリック率は概ね図表のようになり、画面下部にいくにつれクリックすらされにくくなるという状況が確認できます。実店舗の場合は、お店には入らなくても店舗名程度は潜在的に植え込まれる可能性はありますが、インターネットの場合はすべてが活字情報となりますので、目に触れる程度ではなかなかユーザーの記憶に止まることはありません。


ブランディング戦略とコンバージョン戦略

検索エンジンにおける上位表示の目的としては、認知度や知名度を上げ幅広く自社のサービスを告知させるためのブランディング戦略および、実際の資料請求や商品購入などのアクションに繋げるコンバージョン戦略、大きく分けるのこの2つが主軸となります。 検索ユーザーに対し、長期的に幅広く社名やサービス内容を告知するためには、一般的に検索されるであろうと思われるキーワード(例えば「ダイエット」「メガネ」など俗に言う単ワード)での露出が重要となりますが、実際にこれらキーワードは、検索される頻度は非常に高いものの、検索ユーザーのニーズを明確に汲み取ることは困難ではありますので、 幅広くサービスを告知できる可能性がある反面、検索ユーザーのニーズとウェブサイトの内容がそぐわない可能性もあります。

一方のコンバージョン戦略では、例えば「ダイエット サプリメント」というキーワードであれば、検索ユーザーがサプリメントを探しているのは明確であり、「メガネ 通販」であっても同様、ユーザーが何を求めているのかが明確であります。そ のニーズに対してウェブサイト上で しっかりと訴求してあげれば、コンバージョンに繋がりやすくなるということが言えます。ただし、上記「ダイエット」などの単体のキーワードとは異なり、絞り込んだ形での検索キーワードとなりますので、 検索ユーザーの分母の数は圧倒的に減少し、ページビュー数の大幅な増加などは見込みにくいため、 実質的に集客の量より質を取る戦略だと捉えることができます。

効果とメリットは、それぞれの戦略により様々ではありますので、自社で構築したいものや確立させたいものを明確にしておく必要があります。

SEOは最も誘導対策に効果が高いと考える企業が多数

インプレスR&D インターネットメディア総合研究所が、日本企業のWeb担当者2000サンプルを対象とした全国調査を行った結果によると、企業が実施しているアクセス誘導対策では「SEO」が31%で最も高く、次いで「キーワード広告の出稿」、「紙メディアにURLを記載して誘導」が2割弱で続いています。SEOは2年連続でのトップシェアとなり、SEOに対する費用対効果の有用性が立証された結果ともいえます。

近年ではキーワード広告(Googleアドワーズや、Yahoo!リスティングなど)と呼ばれるリスティング広告のシェアも広がりを見せておりますが、入札するキーワードによっては、クリック単価1000〜2000円程度と非常に高騰しているものもあり、費用対効果の面では高いパフォーマンスを得にくくなってきているのが現状です。また、リスティング広告は比較的低い初期コストから開始できるため、企業規模に関係なく実施比率が高いうえ、競合他社が増えてくれば当然クリックされる機会も減少してしまいます。

アクセス誘導対策企業調査

当社サービスは業務提携先に一部業務を委託しています。実績値等のデータは、業務提携先の実績値に基づき算出しています。
株式会社小林洋行コミュニケーションズ 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-15-7 TEL:03-3669-4282