西日本エリア企業様はこちら
東証一部上場 小林洋行(8742)グループ

SEO対策なら小林洋行コミュニケーションズでGoogleに強い戦略的SEO対策

TOP > 「Prime SEO」導入フロー > 「Prime SEO」導入まで

「Prime SEO」導入フロー

「Prime SEO」導入までの流れ

導入までの流れ

対策を行うキーワードの選定

キーワード提案書

SEOを行ううえで重要となるのが、対策を行うキーワードの選定があります。実際にユーザーがどのようなワードで検索を行っているか、そして御社ウェブサイトに誘導を図るためにはどのような 検索キーワードからの誘導が最もコンバージョンが高いかなど、様々な観点から候補キーワードをご提案いたします。

せっかく対策を取ったキーワードで上位表示されたとしても、御社サービスと 検索ワードのミスマッチが生じてしまえば、御社にとっても単に上位表示されただけで売上げに結びつかないという恐れもありますので、それぞれのワードを十分に精査したうえで対策ワードの 選定・決定をします。


Webサイト内部診断

サイト内部診断書

Yahoo!およびGoogle等の検索エンジンは、クローラーと呼ばれるプログラムがwebサイトを巡回しサイト内部を機械的にチェックしています。 検索エンジンで上位表示させるうえでは、ページやサイトとキーワードの関連性を強める対策が必要となりますが、一番重要視されると言われる タイトルタグやメタタグの最適化、見出しタグからキーワードの出現頻度まで、普段人間の目で見る分には然程意識されないところが、検索エンジンにとって非常に重要なポイントです。

よって、SEOを実施される前にお客様のwebサイトの内部構成やhtml文法の書き方一つ一つを精査し、SEO対策を実施するにあたってマイナス要素となる点を排除していく必要があります。

弊社では キーワード提案書とあわせてサイト診断を実施し、現状の検索順位はもちろんのこと、メタタグやキーワード出現頻度、アウトバンドリンク数など、これまで培ってきた様々なノウハウを元に検索順位の上位表示を目指すうえでの問題点を指摘いたします。


施策プランのご提案・ご決定

施策プランのご提案

対策ワードが決定しましたら、実際にSEO施策を行うプランをご選択いただきます。次項で詳しく述べますが、スタンダードなプランで「Yahoo!」「google」10位以内プラン、 ビッグワードにサブワードを絡めたマルチエントランス型のサブキーワードプラン、月額固定費プランなど、様々なプランをご用意しておりますので、予算のご都合に合わせお気軽にご相談下さい。

現在、ビッグワードと呼ばれる検索エンジンでも非常に多く検索されるキーワードに関しましては、上位表示まで相応のお時間が掛かる場合がありますので、そのビッグワードにサブキーワードを絡めたサブキーワードプランがオススメです。

対策ワード、施策プランが決定しましたらお見積もりを発行いたします。対策をお取りになるキーワードによって金額は大きく異なりますので、まずはお気軽にお見積もりをご請求下さい。 もちろん成果報酬型SEOとなりますので、該当月に一度も上位表示(1〜10位)されなかった場合、料金は一切発生いたしません。 また、予算組が見えにくい成果報酬型を敬遠される場合は、月額固定のプランなどもご用意しております。

ご契約・サイト内部施策の開始

内部施策の開始

ご契約後、最初の施策は御社webサイトの内部要因最適化です。検索エンジンにとって認識しやすいページ構成にするため、htmlの記述や文法に対する修正指示書を発行いたします。

サイト内部の修正は、Yahoo!やGoogleの検索アルゴリズムの変更がなされない限り、原則ご契約初月のみの対応となりますので、webページに関する深い知識をお持ちでないお客様でも安心です。また、webサイト内の修正に関しましては、弊社にて代行による修正作業を行うこともできます (有料)ので、その旨お気軽にお申し付け下さい。

また不定期に行われるYahoo!やGoogleのアルゴリズム変更に伴う内部対策の追加作業につきましては、別途料金は一切発生いたしません。


当社サービスは業務提携先に一部業務を委託しています。実績値等のデータは、業務提携先の実績値に基づき算出しています。
株式会社小林洋行コミュニケーションズ 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-15-7 TEL:03-3669-4282